サイトメニュー

手軽に利用出来るメリット

注射

プチ整形が人気となっている

美容整形手術に対して抵抗を感じる人が少なくなっています。その理由として考えられることにプチ整形と呼ばれる、メスを使わなく副作用もない施術が出て来たことがあります。二重瞼にする方法には細い糸を使うとか、注射一本で済む施術も増えて来ていることが整形に理解を示す人が増えたと考えられます。そのプチ整形の中でも多く利用される施術に、副作用のないボトックス注射があります。ボトックス注射とは、筋肉の動きを抑えることが出来、シワを目立たなくする効果が見られます。これはボトックスと言う成分をシワの目立つ所へ注射することで、表情シワを抑制することが出来ることで、綺麗な肌に見せることが出来るようになります。またボトックス注射には、誰もが望む小顔にしてくれる良さがあります。ボトックス注射を咬筋と呼ばれる個所に打つことで筋肉運動がしづらくなることで、筋肉運動が減ることで痩せることになり、その結果スッキリとした顔立ちが出来上がることになります。顔の下部が小さくなることで、小顔症状が出来上がると言うことです。

ボツリヌス菌を用いた治療方法には筋肉内に注射をすることで、運動障害でもある痙縮を改善させることが出来ます。注射を打つことで筋肉の緊張を和らげることが、改善に向かう療法となっています。そのため眼瞼けいれんとか顔の片側痙攣や原発性多汗症などの治療に利用され、美容整形だけでなく幅広く使用されています。美容整形で行うボトックス注射では保険が適用されませんが、これら目や顔の症状などには保険が適用となっていると知っておきましょう。ボトックス注射の効果は、注入された量などでも違って来ることがありますが、多くは2〜3日において表れることになります。また効果が続き期間は一般的には、3ヵ月から4ヵ月程度と言われ、効果がなくなって来た時には、再度の注射が必要になります。美容整形で打つボトックス注射においては、頻度が増すごとに効果の持続期間も長くなるとされていることから、愛用する人も多くなっています。ボトックス注射の良い所は副作用がないとされることですが、稀に出ることもあります。ですが大きな問題ではありませんが、副作用として額への注射時に目の開きが重く感じてしまうことが考えられます。

Copyright© 2020 数々の部位に対して効果を出すだけでなく体にダメージが少ない All Rights Reserved.